院長の私見


■「治りますか?」と聞く人は治らない■

新規の問合せで、「私は○○(例えば腰痛)ですけど治りますか?」、「何回ぐらいで治りますか?」と聞いてくる人がいます。
「○○なら治りますよ。(△回ぐらいで)」という答を期待しての質問です。
技術・経験のある整体師なら、答は1つしかありません。
それは、「やってみなければわからない。」です。

激痛が、数回で消失する事もあれば、本人は、たいしたことない、軽い痛みで来院しても、
症状・原因、によっては(痛みを通り越して麻痺傾向に、なっている場合もあります。)中長期の施術が必要になります。


極端な例ですが、頸椎椎間板ヘルニアで、腕が痺れて苦しんでいる人が、長期戦を覚悟して、来院したのに、主要因は首ではなく、肩と肘のねじれで、数回で(中には一回で)改善した例も何件かあります。
ですから、本当に、やってみなければわからないのです。

「治りますよ。」という答を期待している人は、結局、自分の期待に近い答をしてくれる(技術ではなく、口が上手い)整体院に、予約を入れます。
その視点で探せば探す程、技術のある整体院は、遠のいてしまいます。
長年(痛みや痺れで)苦しんで、あちこち通院して、結果が芳しくない人は、その様な質問は絶対しません。
その質問が如何に無意味かを、身を持って体験しているからです。
但し、技術がない整体師の自信のなさからの「やってみなければわからない・・・」には、十分ご注意を!!

■広告文の疑問点■

「ボキボキしないから安全です。」
ボキボキとは骨格矯正の事だと思いますが、最初の疑問は、何故ボキボキしない、と決めてしまうのでしょう。
筋肉を緩めるだけで、骨が動く事もありますが、ボキボキが必要な場合もあります。
勿論、すべての患者さんに骨格矯正(調整)をするわけではありません。
するかしないかを考えるのも、整体師の技術です。
同じ患者さんでも、日によっては、骨格矯正を行う時も行わない時もあります。
その判断をする事も整体師の仕事だと、私は思います。

「~安全です。」について。骨格矯正(ボキボキ)は危険なのでしょうか?
熟練した技術のある整体師の骨格矯正は、危険ではありません。
(危険と判断した場合は、そもそも骨格矯正はやりません)
楽になるので、一度骨格矯正をした患者さんに、次回やらなかったら、催促される事がほとんどです。

「ボキボキしないから安全です。」は「骨格矯正をする技術がありません。」という意味だと思えてしまうのです。

「ソフト整体・ソフトカイロ」 これもよく分からないのです。
優しく(弱い力で)整圧する整体やカイロなのでしょうか。
整圧の強さも、患者さんによって、同じ患者さんでも日によって、又は部分によって、必要に応じて強弱をつけるのは当然の事だと思います。
但し、治療系でなく、癒し系の整体・カイロなら、納得はできます。

「骨盤矯正、又は仙骨(骨盤の一部)調整をすれば、すべてが(他のずれた骨も)改善する。」
骨盤は、確かに人体のバランスに影響する、大事な部分です。
骨盤矯正で改善する症状は、少なくありません。
しかし、私の経験上、骨盤矯正して、ずれた頸椎が、自然に元に戻った事はありません。
(私の技術が未熟なのかもしれませんが・・・)

■HP上ではみんな名人整体師?(何処へ行っても治らない方は、ぜひ…が大流行り)■

肩こりや腰痛、その他の症状で苦しんでいる方が、パソコンや携帯で、整体やカイロを検索すると・・・
凄いですね。
本当に沢山ありますね。そして、ホームページの作り込みも、丁寧で綺麗。
(広告だから当然ですが)良い事しか書いてありません。HPを見る限り、みんな名人です。本当に迷ってしまいます。
注意しなくてはいけないのは、「骨盤矯正」という言葉がありますが、

●「腰の周りの筋肉を緩める」だけでも。
●「例えば、右が上がってる(左が下がってる)を修正しただけ」でも。
●「縦・横・斜め、の3方向すべてのズレを調整し、腰椎と骨盤とのバランスや、必要なら恥骨結合のズレ(ミリメートル未満の場合も)の調整も行う、正しい骨盤矯正」も、
HP上は、同じ「骨盤矯正」ですので、読んでいても区別がつきません。

HPの出来は、どれも素晴らしいのに、実際の技術の差や ばらつきは、大変なものがあります。
どうして、こんな事が起きるのでしょうか?

それは、整体・カイロは、国家資格ではないからです。

柔道整復師、鍼灸師、按摩・マッサージ師は、立派な国家資格ですので、個人差は、ありますが、一定レベル以上の知識、技術は保証されています。
(勿論、国家資格保持者=治せる、とは必ずしも言えませんが。)
実は、この事は、整体師が最も触れたくない話なのです。
(私は来院者には初回から本当の事を話してしまいます。)
民間資格と言えば聞こえが良いですが、無資格と同義語です。
無資格ですから、当然、厚生労働省認可の整体院、カイロプラクティック院は、日本に、ひとつもありません。
(そう錯覚させる広告は、多々あります。)

十分な修行を積んで開業する整体師もいますが、 中には3日間、講習を受けただけで、認定証なるものを貰い、(それから多少の練習はするでしょうが)開業してしまう整体師も少なくない事も事実なのです。
外見も白衣を着たら区別がつきません。
(ちなみに私は白衣は持っていません。夏はTシャツ、冬はその上にジャージです。白衣は動きづらいので嫌いです。)

何処へ行っても治らない方は、ぜひ
というキャッチコピーを、よく目にしますが、本当に技術のある整体院か、単なる「客寄せ」なのかは、
施術を受けるまで分からないのです。
「癒しを求める患者さんは、お断りさせていただきます。」というキャッチコピーも、何回か発見しました。
いかにも本格的な治療系の整体院という感じですが、当たりと外れが混同していると考えるのが妥当かもしれません。
何を基準に、整体師の技術を判断したら良いかは、やはり頚椎矯正(頸椎の調整)ができるかどうかであると私は思っています。



 院長の挨拶

inserted by FC2 system